シフトを管理できる

商談の様子

クラウドによる勤怠管理とは何か

会社において社員の勤務状況を把握することは大変なことなのです。出社や退社、欠勤の状況、有給休暇の消化状況などすべてを把握しなければ毎月の給料の支払いに影響してしまうのです。会社の総務部門では、社員の勤務状況を把握することはとても大変なことなのです。この管理することを勤怠管理というのです。 この勤怠管理をクラウドを導入する会社が増えてきました。 クラウドによる勤怠管理とは、社員やパートタイマーなどの勤務状況をすべてパソコンのデータで一括管理することです。クラウドによる管理で、月の勤務時間、残業時間、欠席の状況など把握することができるのです。 クラウドによる勤怠管理は、これからの新しいサービスとして発展していく分野なのです。

導入にして得られるメリットについて

会社の出勤状況の把握は、かつてはタイムカードで行うのが主流でした。会社によっては出勤簿に自分で記入するところもあります。 この二つの方法では、タイムカードや出勤簿を確認して何時間働いているか、残業をしているかなど人の手で計算しなくてはならなかったのです。 この手間を省くだけではなく、確実に勤務した時間を把握することができる方法として開発さたれのが、クラウドを用いる方法なのです。 実際に導入した会社から、集計の作業が簡素化でき大幅なコストの削減を実現できたという声もあるのです。 この方法は、従業員やパートタイマー全員に、ICチップやICカードを渡して個人を識別し管理します。これで手による計算がなくなり自動的に集計計算することができるのです。 タイムカードからクラウドに移行する企業はこれからも増えていといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加